• ホーム
  • »
  • »
  • ニュース
  • »
  • 121台の旧車・クラシックカーが集まる…JCCAニューイヤーミーティング2018

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

121台の旧車・クラシックカーが集まる…JCCAニューイヤーミーティング2018

さて、ちっちゃなネタからビッグなネタまで、 注目のニュースをまとめていきましょうか。 最近はストレスの多い社会情勢だとつぶやかれてるけど 上手く発散することができていますか? 旬のお野菜や果物を意識して取るようにすると、 じゅうぶんな免疫アップに繋がりスタミナのもとになるみたいですね 今から注目されている情報に入ることにします

東京都江東区の青海臨時駐車場特設会場で1月28日、新春の恒例となっている旧車イベント「JCCA ニューイヤーミーティング」が開催された。主催は日本クラシックカー協会(JCCA)。

[関連写真]

1977年から開催されている老舗のヒストリックカー・イベント。この日は1週間前に降った雪がいまだあちこちに残る寒い1日となったが、会場には朝早くから数多くの旧車好きが集まった。

個人オーナーの参加規定は、1979年までに生産された車及び同型車。エントリーしたのは121台で、この手のイベントではお馴染(なじ)みの日産『スカイライン』やトヨタ『セリカ』、スバル『360』などに、ホンダ『77』やオペル『マンタ』、フィアット『850』といったレアな車両も参加していた。

今年のコンクールデレガンスはイギリス車。ビンテージもののMG『J2』やジャガー『420G』、ベントレー『S2クラシック』などの高級車から、モーリス『ミニクーパー』やオースチン『ミニ』といった小型車が並んだ。いずれもピカピカに磨き込まれ、コンディションの良さを競い合った。

また、今回は車好きの仲間でできたクラブスタンドの多さが目立った。ロータス、マツダ『コスモスポーツ』、ホンダツインカム、トヨタ『2000GT』、ラビット、トヨタ『パブリカ』といったオーナーズクラブがずらり。旧車の前に絶番のパーツやグッズ、ミニカーなどを並べたフリーマーケットと合わせ、多くの旧車ファンが集まって活況を呈していた。

《レスポンス 嶽宮 三郎》



引用:121台の旧車・クラシックカーが集まる…JCCAニューイヤーミーティング2018



スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ひまつぶしニュース おひまなら見てよね! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。