左肺炎慢性呼吸不全の急性憎悪で入院し、今月14日に退院した落語家の桂歌丸さん(80)が17日、東京都文京区の後楽園ホールで、退院後初となる演芸番組「笑点」の直前に放送されている5分番組「もう笑点」(いずれも日本テレビ系)の収録後に報道陣の取材に応じ、「体調ははっきり良くなったわけではないが…声が出なきゃミイラと一緒。心配ばかり掛けて申し訳ない」と話した。

 鼻から酸素吸入チューブを入れた歌丸さんは、大きな声で取材に応じていたが、体重は36キロに減少。「医師とは40キロまで戻すと約束している」と話し、「入院しても『笑点』は毎週見ていた。必ず私の悪口を言っていて、油断ができないから」と周囲を笑わせた。

 また、今後の芸のあり方について問われると「日本語を使わないで笑いを取る芸能人がいる。裸でお盆を持っただけで何が芸か。私は違うと思う」と、全裸で股間をお盆で隠す芸で笑いを誘う芸人、アキラ100%さん(42)を暗に批判した。

 「笑点」の大喜利メンバーである三遊亭円楽さん(67)は「生きているだけで話題になる。入退院のたびにニュースになる。私もそんな芸人にいつかなりたい」と話し、歌丸さんを笑わせた。

 歌丸さんは今後、自宅療養に努めて、18日に東京・シアタークリエの落語会で高座復帰する予定。