記事一覧

No Image

ニュース
ようこそ! 今日もやってきてくれたユーザー様の為に、 当サイトはニュースを投稿し続けます。 最近はストレスの多い社会だと言われてますが 時折リセットすることができていますか? どんな季節でも、少しばかりぬるめの湯船にじっくりと 入るように意識してみると体力がストックできるらしいですね 今日のところは、あちこちで噂になっているニュースをお伝えします。  [映画.com ニュース]「...

記事を読む

No Image

ニュース
ごきげんよう!日に日にアクセス数が上がっているので、 ありがたい気持ちであふれかえっています。 見にきていただき、モチベーションに繋がっています 体の具合は維持できていますか? カッチカチに凝り固まった心と体を柔らかくさせるには柑橘系の 芳香成分に包まれると改善されますよ  “世界一の美脚”として注目されるモデル・中村祐美子が、「J-WAVE NAVIGATOR AUDITION 2017」のグランプリを受賞...

記事を読む

No Image

ニュース
さて、ちっちゃなネタからビッグなネタまで、 注目のニュースをまとめていきましょうか。 最近はストレスの多い社会情勢だとつぶやかれてるけど 上手く発散することができていますか? 旬のお野菜や果物を意識して取るようにすると、 じゅうぶんな免疫アップに繋がりスタミナのもとになるみたいですね 今から注目されている情報に入ることにします 東京都江東区の青海臨時駐車場特設会場で1月28日、新...

記事を読む

No Image

ニュース
ようこそ! 今日もやってきてくれたユーザー様の為に、 当サイトはニュースを投稿し続けます。 最近はストレスの多い社会だと言われてますが 時折リセットすることができていますか? どんな季節でも、少しばかりぬるめの湯船にじっくりと 入るように意識してみると体力がストックできるらしいですね 今日のところは、あちこちで噂になっているニュースをお伝えします。 第74回ヴェネチア国際映画...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

幽霊が“復しゅう部隊”を結成!鬼才・井口昇監督最新作「ゴーストスクワッド」予告披露

ようこそ! 今日もやってきてくれたユーザー様の為に、 当サイトはニュースを投稿し続けます。 最近はストレスの多い社会だと言われてますが 時折リセットすることができていますか? どんな季節でも、少しばかりぬるめの湯船にじっくりと 入るように意識してみると体力がストックできるらしいですね 今日のところは、あちこちで噂になっているニュースをお伝えします。

 [映画.com ニュース]「片腕マシンガール」などで知られる鬼才・井口昇監督の最新作「ゴーストスクワッド」の予告編とメインポスタービジュアルが、このほど披露された。理由もなく無残に殺害され、青春を奪われた少女の幽霊たちが“復しゅう部隊”を結成し、生前の無念を晴らすさまを映し出している。

【動画】「ゴーストスクワッド」予告編

 井口監督が「変態団」「キネマ純情」に続く自主製作映画第3弾として完成させたダークファンタジー。拉致監禁やストーカー殺人など昭和に起きた残虐な事件を基に、被害者の視点を通じた“少女たちへの鎮魂歌”としての物語を紡いでいる。井口監督が手がける異色アイドルグループ「ノーメイクス」の神門実里、上埜すみれ、柳杏奈、洪潤梨が出演し、ほか中村朝佳、島津健太郎、なべやかん、阿部亮平らが脇を固めている。

 父親のDVを受ける気弱な女性リカ(柳)は、ひょんなことからケイコ(上埜)、アカリ、(神門)、ヨシエ(洪)の霊に取り憑かれ、「自分を殺した犯人に復しゅうし、成仏するのを手伝って欲しい」と頼まれる。手始めにケイコの殺害犯(なべ)へのリベンジを成功させるが、なぜかケイコは成仏できない。そこへ地縛霊ナオミ(中村)が現れ、「真の犯人たちがほかにいる。私の指導のもと『幽霊復しゅう部隊』として戦いなさい」と命じ、リカと幽霊少女たちの壮絶な戦いが幕を開ける。

 また予告編は、今作ビジュアルのイラストを担当した漫画家・押見修造氏のコメントや、ノーメイクスが歌う主題歌も収められている。「ゴーストスクワッド」は3月3日から東京・アップリンク渋谷ほか全国順次公開。



引用:幽霊が“復しゅう部隊”を結成!鬼才・井口昇監督最新作「ゴーストスクワッド」予告披露



スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

世界一の美脚・中村祐美子、J-WAVEナビゲーターオーディショングランプリに決定

ごきげんよう!日に日にアクセス数が上がっているので、 ありがたい気持ちであふれかえっています。 見にきていただき、モチベーションに繋がっています 体の具合は維持できていますか? カッチカチに凝り固まった心と体を柔らかくさせるには柑橘系の 芳香成分に包まれると改善されますよ

 “世界一の美脚”として注目されるモデル・中村祐美子が、「J-WAVE NAVIGATOR AUDITION 2017」のグランプリを受賞。2018年4月からJ-WAVEのレギュラー番組に出演する。

【画像】優秀賞を受賞した 村田匠

 中村は、2013年にa-nationにて開催された「Super Model Award」にてグランプリを獲得。全世界12ヶ国の中から世界一のモデルに選出され、“世界一の美脚”の持ち主として注目を浴び、モデル、レポーターとして活躍中。

 また同オーディションの優秀賞は、祝祭系エンターテインメント音楽集団「カルナバケーション」のボーカル・ギター・パーカッション・作詞作曲担当で、昨年12月にキングレコードよりメジャーデビューした村田匠が受賞した。



引用:世界一の美脚・中村祐美子、J-WAVEナビゲーターオーディショングランプリに決定



 カテゴリ
 タグ
None

121台の旧車・クラシックカーが集まる…JCCAニューイヤーミーティング2018

さて、ちっちゃなネタからビッグなネタまで、 注目のニュースをまとめていきましょうか。 最近はストレスの多い社会情勢だとつぶやかれてるけど 上手く発散することができていますか? 旬のお野菜や果物を意識して取るようにすると、 じゅうぶんな免疫アップに繋がりスタミナのもとになるみたいですね 今から注目されている情報に入ることにします

東京都江東区の青海臨時駐車場特設会場で1月28日、新春の恒例となっている旧車イベント「JCCA ニューイヤーミーティング」が開催された。主催は日本クラシックカー協会(JCCA)。

[関連写真]

1977年から開催されている老舗のヒストリックカー・イベント。この日は1週間前に降った雪がいまだあちこちに残る寒い1日となったが、会場には朝早くから数多くの旧車好きが集まった。

個人オーナーの参加規定は、1979年までに生産された車及び同型車。エントリーしたのは121台で、この手のイベントではお馴染(なじ)みの日産『スカイライン』やトヨタ『セリカ』、スバル『360』などに、ホンダ『77』やオペル『マンタ』、フィアット『850』といったレアな車両も参加していた。

今年のコンクールデレガンスはイギリス車。ビンテージもののMG『J2』やジャガー『420G』、ベントレー『S2クラシック』などの高級車から、モーリス『ミニクーパー』やオースチン『ミニ』といった小型車が並んだ。いずれもピカピカに磨き込まれ、コンディションの良さを競い合った。

また、今回は車好きの仲間でできたクラブスタンドの多さが目立った。ロータス、マツダ『コスモスポーツ』、ホンダツインカム、トヨタ『2000GT』、ラビット、トヨタ『パブリカ』といったオーナーズクラブがずらり。旧車の前に絶番のパーツやグッズ、ミニカーなどを並べたフリーマーケットと合わせ、多くの旧車ファンが集まって活況を呈していた。

《レスポンス 嶽宮 三郎》



引用:121台の旧車・クラシックカーが集まる…JCCAニューイヤーミーティング2018



 カテゴリ
 タグ
None

ギレルモ・デル・トロのサプライズサイン会にファン熱狂!トークショーで2人の偉大な日本人を称える

ようこそ! 今日もやってきてくれたユーザー様の為に、 当サイトはニュースを投稿し続けます。 最近はストレスの多い社会だと言われてますが 時折リセットすることができていますか? どんな季節でも、少しばかりぬるめの湯船にじっくりと 入るように意識してみると体力がストックできるらしいですね 今日のところは、あちこちで噂になっているニュースをお伝えします。

第74回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得し、今年のアカデミー賞の有力作品として注目されている『シェイプ・オブ・ウォーター』を引っさげて来日中のギレルモ・デル・トロ監督が、30日に東京・渋谷のユーロライブで行われたFOXサーチライト・ピクチャーズ・ファンミーティングに登場。映画評論家の町山智浩と共に、本作の世界観を解き明かしていった。

【写真を見る】『シェイプ・オブ・ウォーター』の世界観を語るトークショーの様子はこちらから

本作の主人公は口がきけない女性。彼女を支えるのは黒人女性であったり、同性愛者の男性。そして研究目的で命を奪われようとする異形の存在。トランプ政権誕生によって助長された人種差別問題や、ハリウッドを騒がせつづける性差別問題とのつながりを指摘した町山に、デル・トロは「偶然だが、偶然ではない」とコメント。

「私自身もマイノリティなのでずっと前から感じていたこと。変化を求めない人が非常に多いけど、変わらないといけない。“アザーズ”という言葉ひとつで片付けてしまうことは、人の本質を見ていない。すべての人間は“私たち”と“アザーズ”だけではない」と、世界中に蔓延るあらゆる差別問題に警鐘を鳴らしたデル・トロ。

またジョー・ライト監督の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞にノミネートされている日本人のメイクアップ・アーティスト辻一弘についても言及。『ヘルボーイ』(03)でタッグを組んだ天才アーティストにデル・トロは「辻さんは、目の透明感や形を作ることや、宝石のような美しさと奥行きを作ってくれる人だ」と称賛を贈った。

そしてクリーチャーデザインをはじめ、物語の重要性や、それを構成するヴィジュアルや時代背景、キャラクター設定について熱量たっぷりに語り尽くしたデル・トロ。終盤、来場者からの質疑応答で昨年亡くなった「ゴジラ」のスーツアクター・中島春雄についてコメントを求められると、少し目を潤ませながら「完全に役になりきることができる、世界中の数人にしかいない天才だったと思います」と語った。

イベント終了後にデル・トロ監督が突然、会場に詰めかけたファンのためにサインをすることを宣言。ステージを降りてファンにサインを行っていくデル・トロ監督の周りに100名を超すファンが一気に押し寄せ、会場は一時騒然。会場の誰もが、根強い人気を誇る彼の手にオスカー像がわたることを期待した。(Movie Walker・取材・文/久保田和馬)



引用:ギレルモ・デル・トロのサプライズサイン会にファン熱狂!トークショーで2人の偉大な日本人を称える



 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ひまつぶしニュース おひまなら見てよね! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。